Windows10で「変換」、「無変換」キーを英数、かな入力に変更する簡単な方法!

キーボードの設定方法サムネイル

皆さんこんにちは、えぶほりです。

Windowsで文字入力する時、「英数」と「かな入力」の切り替えがとても面倒ではないですか?

私は以前MacBookを使用していた経験があり、Windowsに乗り換えた時にこの「英数」と「かな入力」切替の不便さがストレスでした。

以前のWindows10でも一応変更はできたのですが、レジストリから変更したり、PC設定のMicrosoft IME詳細設定からの変更がメインでした。

これが結構面倒だったんですよね。

がしかし、いつのまにかアップデートがあって、この変更がとても簡単になっていたので、今回はその方法をご紹介します。

Macのような英数、かな入力切替に変更しよう!

設定方法ですが、本当に一瞬です。

デスクトップ画面下部のタスクバーに文字入力切替の箇所があるかと思います。英数入力だと「A」、かな入力だと「あ」と表示されている箇所です。

キーボードの設定方法1

キーボードの設定方法1

ここにマウスカーソルを合わせて、右クリックを押すとこの表示になります。

キーボードの設定方法2

キーボードの設定方法2

下のほうにある「設定」をクリック。

Microsoft IMEの設定画面になりますので、ここで「キータッチのカスタマイズ」をクリック。

キーボードの設定方法3

キーボードの設定方法3

キーテンプレートをMicrosoft IMEにし、キーの割り当てをオンにします。

そうすると、無変換キーと変換キーへの割り当てが可能になります。

ここでMacのような文字入力の切り替えにするには無変換キーを「IME-オフ」、変換キーを「IME-オン」に設定するだけです。

キーボードの設定方法4

キーボードの設定方法4

以上で設定は完了です。

最後に

設定お疲れさまでした。

以前の設定方法とは比べ物にならないほど簡単になりすぎていて、びっくりです。

この変更によって文字入力の切り替えがスムーズになるかと思います。

この記事を読んで頂いたみなさんのWindowsライフが快適になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA